MENU

はじめに 言葉 越境 海外とビジネス ビジョン 直感 機会 「アジア地域におけるビジネス機会の最大化を目指す」 おまけ|懐かしい本棚 はじめに 本エントリは私的な独白めいたものである。 夢、といささか青い題をつけた。それは、怒涛の様に過ぎ去る日々の中…

世界最大のヘッジファンド創業者、レイ・ダリオが語る「コロナウイルスは世界経済にとって何を意味するか?」 - What coronavirus means for the global economy - Ray Dalio

はじめに 収支とバランスシート、貨幣と信用(クレジット) 世界経済を駆動する、「4つの原動力」 ①生産性 ②負債の短期的周期、③負債の長期的周期 ④政治 我々は全世界的な恐慌に向かっているのか? マクロ的、通時的な分析 リーマンショックとの比較 どの業…

人を見極める - 採用に関する私的覚書 -

企業における採用活動の重要性 見極めのフレームワーク - 「考える、伝える、巻込む、やりきる」 企業における採用活動の重要性 採用についてまじめに取り組んでいる企業は驚く程少ない。 経営の三大要素として「ヒト・モノ・カネ」とよく言われる。モノ(商…

自信を持つとは何か? - “confidence”と“conviction”の相違 -

メンタルコントロールの重要性 心身共に過酷な環境下に自分を置いていると、時に自分を見失う。自己否定と低パフォーマンスの悪循環に一度入ると、そこから抜け出るのは難しい。 高い視座に自分を置き続ける事には痛みが伴う。成長意欲が高く、また責任感が…

交渉の作法 - いかに正しく闘うか

序 - 人を動かす、ということ 本題 - 【私的】喧嘩、或いは交渉の作法10か条 1. 「目的」を明確にする 2. 相手の立場で考える 3. (超)簡潔に論点を宣言する 4. 論理と情動を区別する 5. 正論で勝負する 6. 主語を意識的に選別/捨象する 7. 礼儀を失さない …

思考の型を持つ (6) - 矜持

思考の「強度」、という事について以前書いた。

人を動かす

少し良い話。

思考の型を持つ (5) - 結論、総論、各論

ビジネスの世界では「結論ファースト」を徹底すべきである。 その上で、結論に対する理由付け/根拠の提示のために、総論/各論に言及すべきであり、説明を求められない状況での無用な前置き或いは各論への深入りは不要である。

思考の型を持つ (4) - 論点と仮説

はじめに|論点思考、仮説思考はなぜ重要なのか 論点思考と仮説思考は、問題解決の局面で徹底すべき方法論である。なぜそれが重要視されるかというと、それが有限な時間と限られた情報に基づき、敵(= 競合他社)に先んじて急所を撃つ、という戦略的思考の要…

思考の型を持つ (3) - 論理と修辞

論理(Logic)と修辞(Rhetoric)は、語り(Argument)を構成する2大要素である。

思考の型を持つ (2) - 強度

仕事上、何か特定の事柄について考えを巡らせ、関係者に報告/共有する際、その思考/仮説は、自分が徹底して考え抜いたと言い得る強度を備えているか。

思考の型を持つ (1) - 規律

継続して成果を出し続けている人たちは皆、それぞれ独自の規律を有しており、(時として機械的な印象を与える程)忠実に実行し続けている。

経営/戦略コンサルティング入門(書籍紹介/リンク集)

はじめに 1. 総論 1-1. 問題解決の作法 1-2. 問題解決の思考法 1-3. 経営の理論 1-4. 経営の実践 2. 各論 2-1. マーケティング 2-2. 財務 2-3. 組織/人事 3. アウトプット 3-1. ドキュメンテーション 3-2. プレゼンテーション 結び はじめに 戦略コンサルテ…

世界最大のPEファンドBlackstoneのCOOが贈る言葉 - "隠れた才能"と"自信"について

エピソード1. 補欠のバスケ少年 エピソード2. 運転は苦手 エピソード3. モテない青春 エピソード4. キャリアの初期、そして”傍流”の不動産部門への配属 結び. 図書館で出会った女性との顛末、そして伝えたいこと 学びについてのメモ 参考|お薦め書籍 Blacks…

質問に答える

”質問に答える”事は、簡単な様にみえて実は意外と難しいと思っている。 ここでいう”質問に答える”とは、相手の発話を字義通り受け止め、それに対してただ漫然と回答する事を指しているのではない。相対する話者が“自分に対して求めている作為”を正しく認識し…

英語表現101

1. 導入 2. 本論 2-1. 話題を定義する 2-2. 意見を述べる 2-3. 質問する/相槌を打つ 2-4. 理解を確認する 3. 結び 語彙編 書籍紹介 本エントリは、一義的には私的な備忘録として更新していくつもりなので、諸々書きぶりが散漫である事は大目に見て頂きたい。…

Wall street流、仕事の作法と激務の心得

仕事以外に一つ、自分にとって大事なものを持ち、それを毎日、仕事とは別に継続し、自分の心の調子を維持すること。中長期的かつ持続的な成長をするには、これも本業におけるハードワークと同じくらい重要な事なのだろうと思う。がむしゃらに働く事だけが正…

財務モデリング入門(独学用リンク集)

はじめに 1. 前提知識(会計編) 2. 前提知識(財務/M&A編) 3. 財務モデリング 3-1: 作法を学ぶ 3-2: 作業/完成イメージを持つ 3-3: 自分でモデルを組んでみる 結び その他参考 はじめに 先日、財務モデリングについて何気なくTweetしたところ、思わぬ規模…

言語化する事の難しさと鍛錬の必要性

私的な記録という建前ながらも公開の媒体に文章を晒してみて改めて思うのは、言語化する事の難しさと継続的な鍛錬の必要性である。 一般に考えられている以上に、思考を言語化するという事は難しい。そして本当の意味でその難しさを理解している人は少ない様…

BSを理解せずして財務を理解したとは言えない - 『実務必携 企業審査ハンドブック』

先日、『実務必携 企業審査ハンドブック』(久保田 政純著)を読んだ。

筆始め (於2020年5月)

読書記録を中心とする日々の学び、自戒と備忘、そして「金融×経営×東南アジア」他、自分がテーマとしている事柄についての整理の為、徒然なるままに書き残しています。 内省的な内容が多いかもしれませんが、何かしら目に留めて頂いた方々を益するモノとなれ…

お問合せ

Disclaimer & Privacy Policy|免責事項及びプライバシーポリシー

TOP

Disclaimer|免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接問い合わせフォームよりご連絡下さい。確…

2019年の振返り

目指す姿と現状のギャップにもがき苦しみながらも、数段階上のステップに進むことができた。小さいながら、成功体験も積み重ねた。 来年は、蒔いた種を刈り取る。加えて、「事業を生み出す側」へと、自分の存在定義を変えていく。 ①苦しい時ほど、己の原点に…