自戒と備忘、虚構と酔狂

日々の雑感や独白

MENU

雑記

種をまく

ブログやツイッターを定期的に更新するようになったのは、ちょうどコロナ禍の影響が本格的になり始めた2020年初旬であり、自戒と備忘の記録を名目としていた。 国際的な往来が事実上遮断された事によって、日本語という言語空間から取り残されたことによる漠…

成長曲線と“立ち上がり”

伸び悩む時期を経て若手が非連続的な成長をすることを指して、“立ち上がる”という言い方がされる。 自分自身は例外的なケースを除き、何かを理解することに時間がかかるタイプであり、これまで人生の節目で新しい事を始める度に幾度となく苦労してきた。一言…

“魔法の杖”思考のワナ

特定の打ち手があたかも全ての課題を解決してくれる、といった語られる場面に出くわすことも少なくない。これを、個人的に“魔法の杖”思考のワナと呼んでいる。とりわけ、流行のバズワードに紐づくような最新ツールやサービス導入の文脈で散見される。 要する…

他者の課題を言語化する

他者の課題を面と向かって言語化する、というのはひとつの挑戦であり、恐怖を伴う。これを以前の上司は、“チャレンジ”と言っていた。 自分のことは自分が一番わかってる、とか自社のことは自社が一番わかってる、というのは定義にも依るが、そもそも自己認知…

海外で仕事をすることについて

あくまで私見だが、海外関連でキャリア(余り好きな言葉ではないが)を築きたい人ほどleap before you look精神を持った方がよいと思っている。粗削りであろうと、自分なりの仮説と情熱があるならば飛び込んでみた方がよい。 というのも、何事もそうだが、情…

成長曲線の射程と傾斜

成長曲線の射程と傾斜、という事を最近よく考える。 これが自分のやりたい事である、という強い目的意識がなければ徹底的に没入する事はできないし主体的な創造性が働く余地はない。自ずと妥協も生まれる。成長曲線を人並み以上にintensifyする理由もない。…

スキルの掛け算的発想への批判的考察

年末、俗に言う「キャリアの棚卸」をしている中で考えていた事のメモ。 いわゆる座学的なスキルや資格、職能それ自体は容易くコモディティ化する。これは難易度を問わず例外ではない。掛け算的に組み合わせる、という手が巷言されたが、需要があり、強固な差…

分析的思考と統合的思考

巷言される「ロジカル」を取り巻く言説について、その本質から乖離した、ある種の盲目的な万能性への信奉の懸念があるのではないか、と思っている。

圧倒する

話し始めただけで場にいる人全員に卓越した能力を理解させる、そんな圧倒的オーラを放つ人と年に数回出会う。そういう人は発言や所作一つとっても、そこに裏打ちされた経験と鍛錬の片鱗を垣間見るように感じられて思わず背筋が伸びる。

プロ意識

クライアントとの海外出張の初日、夜遅くまでどんちゃん騒ぎを終えた後、深夜に完璧に論点整理された資料を作りあげ朝一番にホテル内で臨時ミーティングを招集し華麗に圧倒した、という某コンサルタントの逸話を随分前に聞いた。 関係者一同が度肝を抜かれ、…

巨木を切り倒す

事業を創る過程は、巨木を切り倒すという行為に似たところがあるように思う。 人や物事を動かすという事には忍耐を要する。斧で巨木を打ち据えるが如く、手応えがない空白の期間をじっと耐える事ができるか。戦略に対する確信を維持できるか、そもそもそれは…

読書の作法

こんな本がないだろうか、と思っていたズバリの本が書店に並んでいる事はよくあるが、これは偶然でも神秘でもない。 まず、人が考えつくだいたいの事は、他の頭の良い誰かが既に考えている。そして、こんな本が読みたい、と思っているという事は自分なりに”…

べき論と遊び、逆U字仮説、エリック・ホッファー

逆U字仮説、という概念がある。元々は経済学用語だが、パレートの法則同様に汎用性ある経験則として他分野でも転用される事があり、例えばスポーツ心理学もそのひとつであるようだ。いささか荒っぽい要約をすれば、適度の緊張感はパフォーマンスを高めるが、…

情理 - Put yourself in someone's shoes -

“Put yourself in someone's shoes”という言い回しが英語にある。直訳すれば「相手の靴を履く」という事になるが、それはあくまでも比喩として言っているのであって、要するに相手の立場に立ってみよ、という事である。empathyと言い換えてもよい。 使い古さ…

青写真を描く

青写真、と言わんとしているのは「ビジョン」、時には「戦略」と巷で言われているものに比較的近い。そして、この「青写真を描く」という能力こそが、リーダーの素質を決するものだと思う。

術理

以前、「思考の型を持つ」いう一連の記事を書いたが、それはどちらかというと精神論的な内容であった。自戒と備忘というブログの題にもある通り、あくまでも自分の思考・思索の整理の為につらつら書いたものだったが、改めて自分の核として在る部分を言語化…

“confidence”と“conviction”の相違 - 自信を持つ、とは何か

confidenceとconvictionの相違 自信、という日本語に相当する英語として、“confidence”と“conviction”という言葉が思い浮かぶ。私はいわゆる純ドメ、帰国子女でも留学経験もないのでニュアンスを正しく汲み取れていない可能性はあるが、両者の違いを感覚的に…

質問に答える

”質問に答える”事は、簡単な様にみえて実は意外と難しいと思っている。 ここでいう”質問に答える”とは、相手の発話を字義通り受け止め、それに対してただ漫然と回答する事を指しているのではない。相対する話者が“自分に対して求めている作為”を正しく認識し…