自戒と備忘、虚構と酔狂

日々の雑感や独白

MENU

2019年の振返り

目指す姿と現状のギャップにもがき苦しみながらも、数段階上のステップに進むことができた。小さいながら、成功体験も積み重ねた。

来年は、蒔いた種を刈り取る。
加えて、「事業を生み出す側」へと、自分の存在定義を変えていく。


①苦しい時ほど、己の原点に立返る。
変わらぬ志と、これ迄の人生の轍を確認し、歩みを止めない。

②常に学び、自分自身が変わる。
自分が変われば、環境や他人も変わる。逆ではない。

③適度に楽観的であること。
天国にユーモアはない。その本質は悲哀であり、生き抜く智慧である。