自戒と備忘、虚構と酔狂

日々の雑感や独白

MENU

種をまく

ブログやツイッターを定期的に更新するようになったのは、ちょうどコロナ禍の影響が本格的になり始めた2020年初旬であり、自戒と備忘の記録を名目としていた。

 

国際的な往来が事実上遮断された事によって、日本語という言語空間から取り残されたことによる漠然とした不安を慰めるものだったかもしれない。そういう意味では至極私的な営為であった。自己実現、あるいは承認欲求としての表現とは、本来的な意味で対局にあるものであると思う。

 

しかし、自分の雑然とした思索を公共の閲覧可能な形で書き記す事で、それが人の目に留まり、新しい縁に繋がることも少しづつ出てきた。そういう意味で、“種をまいていた“と言えるかもしれない。

 

1000人の目に止まったとして、そのうち1人でも面白いと思ってくれて、何かしらの縁に繋がればよい。気取りなく今はその心境であるが、いずれにせよ、生きている限り、何らかの形で種をまくことは続けなければならない、と思ったのだった。